病院・クリニックの内装工事費用について知る!
費用相場と安く抑えるポイントとは?

病院・クリニックを内装工事する場合、どの位の資金が必要なのでしょうか?相場を知っておくと価格の高い業者に依頼することも無いので、事前知識を付けておくことは大切です。ここでは、病院・クリニックの内装の基礎知識、工事費用相場、安く抑えるコツをお伝えします。

病院・クリニックの内装デザインの重要性について

病院・クリニックの内装は様々な専門分野で、内装デザインの考え方はあります。しかし、リピート率が高い病院・クリニックの特徴には、共通して利用しやすい良い立地、腕の良い医師、清潔感のある落ち着いた内装、この3つの要素が挙げられます。この3つの要素と言うのは、リピーターが多い病院・クリニックの開業では欠かせません。それかが欠けてしまっても、患者さんが満足する病院・クリニックにするには難しいものです。

ですが、3つ目に挙げた”清潔感のる落ち着いた内装を意識して、開業準備される方と言うのは実際少ないものです。掃除やメンテナンスなどで、室内を清潔に維持することは出来ても、落ち着いた内装に関しては内装工事の計画段階かの意識が必要です。クリニックの専門分野、利用する年齢層、立地、広さなどによっても、落ち着いた空間つくり変わってきます。なので、色々な利用方法、物件の特徴、立地、利便性、使い勝手などを考慮し、快適で落ち着いた内装デザインにすることがポイントです。

病院・クリニックの内装工事の特徴について

病院・クリニックと一言で言っても、問診や注射などがメインの診療所、医療機器使用で各種施術を行う診療所など、色々な形態がありますよね。しかし、病院・クリニックであるかには、清潔感は最も重要なポイントになり、明るく精神的に癒される空間が大切です。また、運営するにあたり、医療機器設置の為に行う電気設備工事は必須です。なので、一般の内装費に比べて費用が高額になります。

院内では、様々な機器を利用するので、それに対応した配線でブレーカー落ちを避け、使用する医療機器のコンセント設置をすることで、機器が利用しやすいように設計・施工を行いましょう。また、このような内装工事にプラスして、場合によってはボードや軽量の鉄骨を利用した内装強化方法も採用するケースがあります。さらに、ガラスの利用で太陽光を取り入れやすい構造に変更する為の工事などもあります。可能な限り美しく仕上げ、病院・クリニックであることを分かりやすくすることが大切です。

診療科目で変わる内装について

内科・外科

内科は、問診はもちろん、健康診断を行える設備を整えることで一層集客を期待することができます。但し、部屋を区切る際に圧迫感を与えない工夫が必要です。また、内科は患者数が比較的多い診療科なので、回転率を良くして待たせない空間つくりも大切です。一方、飛沫感染の患者さんが多く来院するので、換気システムも整える必要があります。例えば、気圧管理で空気の流れをコントロールすることも出来ます。また、外科の場合は、診察室は内科と同じつくりで特に問題ありません。しかし、処置室は手術を行うことも考慮して広めに取るなど、医療機器の電源配線にも気を付ける必要があります。特に、美容外科になると美を意識したり、高級感を出したりする方が病院・クリニックとしての印象にはお勧めです。

小児科

子供が通う小児科では、病院・クリニックを怖がる子は少なくありません。なので、院内は明るく楽しい雰囲気が大切です。基本的な設備は内科と同じですが、院内感染防止の為に、隔離出来る待合室や診察室があると良いです。また、低年齢の子の場合、院内を走り回ることもある為、空間の広さに余裕を持たせ、絵本や玩具が置いてあるスペース、乳児用ベッド、トイレでのオムツ交換の乳児用台などの用意も必要です。

内装工事に必要な費用目安について

居抜き物件を選ぶ

居抜き物件と言うのは、以前病院・クリニックを経営していた物件が、廃業した状態で設備などが残っている物件になります。なので、以前使用していた内装や設備を、そのまま引き継いで開業することが出来ます。設備を引き継ぐ為にはお金がかかりますが、交渉することも出来るので、場合によっては金額を値下げしてもらえることもあります。なので、一からの内装工事を行う場合に比べて、かなり内装工事費用を抑えることが可能になります。

但し、居抜き物件にはデメリットもあります。内装レイアウトの自由度が低い、自分好みの雰囲気に出来ない、設備が直ぐ壊れる可能性があることです。レイアウトや雰囲気に関してはある程度の妥協も出来ますが、設備に関しては費用に大きく関わります。中古品でいつ壊れてしまうか分からないことも理解した上で、上手に居抜き物件を利用すれば経済的に工事出来ます。

内装工事の相見積もりを行う

内装工事の初心者の方は、施工業者1社だけに相談して全て決めてしまうことが多いです。そうすると、施工業者は見積もり金額を高く提示してくることがあります。それを回避する為に、相見積もりを取るのがポイントです。複数の施工業者に見積もり依頼することによって比較検討出来るので、品の高い工事でお得な金額で工事を請け負ってくれる業者を選定出来ます。但し、金額だけで業者を選定すると、後から費用請求されるなどもトラブルもあるので、相見積もりをしながら信頼できる施工業者を選びましょう。

信頼出来る業者選びのポイントは、業者の実績を見ること、アフターフォロー体制です。先ず、業者の実績では、過去に業者がどのような内装工事を担当し、その際にかかった費用など、資料を参考に見るとこが出来ます。自分の病院・クリニックのコンセプトに合うかの判断基準になるので、依頼後も要望が通りやすかったり、ノウハウもしっかりしていたりします。また、アフターフォロー体制では、使用する建材やレイアウトが要望と違っていたり、何らかの不具合があったりした際に、無償で保証してくれるか確認しましょう。施工業者選びは内装工事で大事なポイントであり、理想の内装づくりの第一歩と言えます。

まとめ

ここでは、病院・クリニックの基礎知識、工事費用相場、安く抑えるコツお伝えしてきましたが、いかがでしたか?病院・クリニックや病院では、清潔感があって落ち着いた内装、来院される患者様が安心して治療が受けられる、そういった環境つくりが重要になります。患者さんは怪我や病気の治療が目的で来院しますが、それと同様に、安心感、清潔感、リラックスできる空間も求めています。病院・クリニック内装工事のポイントを押さえ、患者さんの目線で、利用しやすく喜んでもらえる内装デザインを目指しましょう。